×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



ジョイビジョン・オープン研究会


 ジョイビジョングループの定例研究会。
今回は公開講座として開催されます。

 2013/06/18(火曜)

 午前
  9:30受付開始  9:50開会挨拶  10:00開演


 予約制 満員御礼

 参加費  5,000円 (当日受付にてお支払い下さい)

 会場  名古屋眼鏡2Fコミュニティーホール
 

対象: 教育関係者 療育関係者 医療関係者




総合司会:藤原信三 (ジョイビジョン茨木)   
講演内容のご紹介

 北出勝也(O.D ジョイビジョン代表)

 "Dr.ワックス「思考のための学校」"

 師匠であるDr.ワックスの著作「思考のための学校」(東京図書出版会)
 ピアジェ理論による教室や家庭で出来る知能の鍛え方 について、
 ワックス氏の講演映像をまじえて解説をする



 田中櫻子(臨床心理士)

 "発達検査から読み解く視覚機能の問題"

  発達および知能検査と視覚機能の関連性を、
  臨床心理士の視点から解説する。





 近藤正徳(ジョイビジョン名古屋)
 "トレーニングメニューのチャート化について"

 粗大運動や眼球運動・視知覚認知などトレーニングの
 ステップアップメニューをフローチャート化するため、
 出席者とディスカッションをする。
 井上敬康(ジョイビジョン愛知)
 "自施設で行っているボディーイメージトレーニングの紹介"

 原始反射の除去や、メンタルボディーマップの把握の遅れや
 空間感覚等を改善させる為に、
 自施設で行っているボディーイメージトレーニングと効果の紹介。
 合わせて皆さんの施設で行っているボディーイメージトレーニングと統合し、
 よりよいトレーニング方法を考えたい。
 


 松本康志(ジョイビジョン奈良)
 "WISCと視覚認知検査のバッテリーから得られる
  質的情報〜トレーニングへの活用"

 数値的な情報のみでは正しい解釈が得られないWISC
 であるが、視覚認知検査から得られる数値的及び
 質的情報をバッテリーさせ解釈することで、
 より背景情報と合致した解釈及び継続性の高い
 トレーニングを行うことが出来る。

 
 中村尚広(両眼視スキルアップ研究所・長崎県)
 "眼球運動の弱さ、輻輳不全の改善事例と
  プリズム眼鏡による補助"

 子供たちのビジョンにおいて、しばしば直面する眼球運動・輻輳の弱さ。
 自身が携わった改善事例を紹介する。
 またプリズムを付加した眼鏡装用で両眼視の補助をした事例を、
 成否ともに紹介する。


 木部俊宏(一心堂・神奈川県)
 "原始反射が視機能・視覚に与える影響"

 視機能・視覚の発達は「眼」単体のみならず、
 全身の発達と大いに関係がある。
 原始反射と呼ばれる新生児・乳児期特有の反射が
 視機能・視覚機能の発達にどのように関与しているのか、
 適切な時期に消失すべき原始反射が残存した場合、
 視機能・視覚機能にどのような悪影響を及ぼす可能性が
 あるのかを簡潔にお話しする。

 
 鬼柳祥章(ジョイビジョン岩手)
 "被災地小学校における
  集団でのビジョントレーニング授業の課題と展望"

  昨年被災地の小学1〜3年生にビジョントレーニング授業を
  課外の形でさせて頂いた中で、感じたグループ授業形式の
  難しさと大切さ、そしてこれからの展望。
 

 
 富山孝之(ジョイビジョン横浜)
 "漢字が苦手な小5男子---
 メガネと3ヶ月のビジョントレーニングで苦手を克服"

  「鏡文字がある」「へんと作りが逆」など漢字が
  覚えられない書けないということで来所。
  視覚発達検査を受け、メガネと訓練を3ヶ月あまり行い
  驚くほど改善した事例。